沖縄娘たかこの日記


by takakozuno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
さてさて、モントリオールは春はどっかに飛んでったみたいで、いきなり25度の夏日ですが嬉しいニュースが届きました!

クロード・ガニオン監督最新作「KAMATAKI窯焚」大阪上映決定!!!


第29回モントリオール世界映画祭史上初の5冠達成
第56回ベルリン国際映画祭キンダー部門審査員特別賞
出演:マット・スマイリー 藤竜也 吉行和子

かねて皆さんの大きなご協力とご支援を頂いて参りました「KAMATAKI窯焚」も東京でのロードショウで大好評を得、今回上記により大阪で上映される事になりました。

そしてクロード・ガニオンの処女作である「Keiko」もDVD発売を記念して30年ぶりに上映されます。是非ご覧いただきご批評いただくとともに、一層のご指導を賜りますようお願いいたします。

プロデューサー: ユリ ヨシムラ ガニオン


ということで、ガニオン監督の幻の処女作『Keiko』と、3年以上の歳月をかけてできたドキュメンタリー『The Fire Artist-炎の声-』の公開も決定しました〜パチパチパチ!!

『Keiko』とは...1979年公開、クロード・ガニオン監督の処女作品です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Keiko_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29

京都在住のOLを主人公に、等身大の日本女性の等身大の恋愛、性のうつろいを描いた話題作。日本映画監督協会史上、初めて外国人に新人監督賞が送られました。当時「覗き見されているよう!」と評されるほど普通のOLの人生と性の迷いを切りぬき京都弁を交えたナチュラルな演出が話題になり、かの山口百恵と三浦友和も演技の参考として観なさいといわれたというエピソードもあるという伝説の作品です。今回の上映「Keiko」のDVD発売を記念したもの。35ミリをデジタライズしてきれいにしたもので、ガニオン監督いわく「当時上映した時より美しい!!(笑」。ちなみに本作はガニオン監督のパートナー、ユリ・プロデューサーにとっても記念すべき劇場映画製作の第一歩となった作品です。

『The Fire Artist-炎の声-』とは
信楽在住の陶芸家・神崎紫峰先生の半生を追ったドキュメンタリー。法曹界の道を捨て親に勘当されながらも、巨匠に弟子入りすることもせず、自分一人で陶芸の道に進むことを決めた神崎先生の、伝統にとらわれない姿勢、熱く厳しくそして優しく何より「広い!」人間性に注目したドキュメンタリーです。神崎先生に魅せられたドイツ、アメリカ、カナダ人陶芸家達との関係、そのお弟子さん、心の師匠との対話、支えて来た家族と地域の人々にインタビューを行い、日本・アメリカ・カナダの三か国で撮影、トコトン迄その魅力に迫りました。さらに釉薬を使わず、自然釉だけで創り出された、"名陶"の美しさも満載、その "心と作品"を堪能できます。(ちなみに私は、撮影・編集もろもろ担当しました!)

映画『KAMATAKI-窯焚-』の詳細は公式ホームページからどうぞ。
http://www.kamatakimovie.com/jp/site.html


上映館の詳細は以下となります!

大阪九条シネ・ヌーボー
http://www.cinenouveau.com/index2.html

大阪・九条(地下鉄中央線「九条」駅 徒歩3分)※大阪ドームまで15分
大阪市西区九条1-20-24 TEL 06-6582-1416
KAMATAKI
5月3日(土)〜16日(金)
13:50~ 16:00~ 18:00~

Keiko
6月14日(土)〜27日(金)
一周目 11:50~
二週目 11:50~ 15:40~

ドキュメンタリー「炎の声」
6月14日〜27日
毎日 10:40〜

さらに、関東在住の皆様にも朗報!
横浜での公開も決定しております!


横浜"ジャック&ベッティー"
http://www.jackandbetty.net/

『KAMATAKI』『Keiko』の両作品が2008年5月31日〜6月6日まで上映されます。

※なお、スケジュールは、各上映館で確認することをお勧めします。

さらに!!映画『KAMATAKI』の上映に先駆けてテレビ朝日で今月の神崎先生の窯焚きの様子が取材され、 5月2日 6時17分から朝日放送、保坂キャスターの「Newsゆう」で紹介されます!!大阪、京都、滋賀、三重、兵庫、奈良、関西エリアは全てカバーしている人気番組とのこと、ぜひご覧になって下さい!!
[PR]
by takakozuno | 2008-04-19 23:02 | KAMATAKI-窯焚-
とげとげとして、それでも、美しい薔薇の花。
e0087566_11112587.jpg

人に対して、トゲトゲしてるばかりの今日の私には、
薔薇に比べて、全然美しさがなかったなぁ。反省です。

それに加えて、そのトゲにさえも、魅力を感ぜずにはいられない人。
そういう方々に、たくさん出会っている私は、ほんとに幸せ者です。

薔薇の花
[PR]
by takakozuno | 2007-07-07 11:14 | 寝室/Dialy
2005年度モントリオール世界映画祭で5部門受賞、2006年ベルリン映画祭キンダー部門特別表彰をいただき話題の映画『KAMATAKI-窯焚-』にて、劇中の穴窯での窯焚技術指導および全作品提供をしていただいた神崎紫峰(かんざき・しほう)先生の個展が高崎高島屋にて下記日程で行われます。今展覧会では、全作品が映画『KAMATAKI-窯焚-』で使用させていただいた作品、また映画の中で実際に行った窯焚で焼かれた作品が展示される模様。

また、会期中は、映画の中でお茶のご指導と生け花のご指導をいただきました無径会の皆様のご協力を得て、神崎先生の作品を使用してのお茶会なども行われる予定です。激しい炎をくぐった、自然釉の味わいを、観て、触って、感じて、味わう!? ことの出来る、またとない機会でございます。皆様のご来場をお待ちしております。
e0087566_11502250.jpg
信楽幻窯 神 崎 紫 峰 展
会期 10月18日(水)〜24日(火)
平日午後7時まで開催
※ただし土・日・祝は午後7時30分
(最終日は午後2時閉場)

会場 高崎高島屋
5階アートギャラリー
〒370-8565 高崎市旭町45 
℡(027)327-1111
[PR]
by takakozuno | 2006-10-17 11:52 | KAMATAKI-窯焚-

まだ旅中...

信楽での旅、UPロードもままならぬままですが少々わけあってまだまだ旅中でありんす。

落ち着いたら、たっぷりとUPさせていただきますが今回の信楽の旅について、陶芸家神崎紫峰先生について、旅中気づいたこと、学んだことについて...色々とアップしていきたいと思います。

モントリオールにもどったら、ドキュメンタリー編集、もちろん旅前からすでに始まっておりますが、フィニッシュに向けて根詰めていきます。信楽ではいい素材がたくさん、たくさんとれたので、いいとこ取りで熟成させていきたいと思います。

信楽にてお世話になった皆様、本当にありがとうございました。
e0087566_2555534.jpg

[PR]
by takakozuno | 2006-05-09 02:56 | 寝室/Dialy
はい、荷造りが大体終わったけれども微妙に小1時間時間があるので、寝たら最後、きっと起きれない率99.9%なので暇つぶしに頑張って日記かきます(笑)。

現在モントリオール時間午前5時。そして飛行機は8時に出発、バンクーバーで乗り換えて22日の夜9時頃に沖縄到着予定。

なんだか、このアーカンサスの窯焚きの旅は私にとって人生の転機...といってもいい、旅でした。(といっても陶芸家になる~!とかそういうんじゃありません(笑)...これを説明するには複雑すぎて、個人的すぎて、また文章で説明するとなるとなんだか私の悪い癖「まとめ」癖または「簡略」癖が働きそうなので、旅の日記の詳細は今のところ、書く予定はありません、とだけ...)

心の底から、体の芯から学んだこと。

優しさや愛情は、人に与えても、減るものではない、
むしろ、与えれば与えるほど、増えるもの

暗いことがあっても、明るいことを摘み取ることの大事さ

言葉をポジティブにするだけで、その言葉を聞く人は気持ち良くなる

ありきたりっちゃありきたりですが、
今回の旅ほどそれを肌で感じたことはありませんでした。

話しは変わって、それでは、今のところ我がバカンスの予定を...。

23日に結婚パーティ(撮影班)、
24日は家族でクリスマスパーティ!

以上!後は白紙ですが、何を隠そうこのバカンスの目標は...

1に休養
2に家族
3.4は友だち
5は余白!

なので、沖縄、酒のま〜の島とはいえ
ハメは外しません...、と思いますが...どうでしょう...

ちなみに万年貧乏歴続伸中なので変わりはないのでお土産は期待しないでね...(沖縄&カナダのお友達に告ぐ...)

ちなみに私は泡盛ではなくビール党です...
ちなみにビール2ジョッキ後、泡盛に移行であれば問題なしです...
ちなみにワイン(白も赤もロゼは?)も大好きです。白は辛口派です
ちなみに日本酒も大好きです。やはり辛口派です
ちなみに最近は苦手なウイスキーなどハードリカー系の新しい飲み方を発見し、
苦手科目克服できそうですが、単にドクターペッパー割って飲み易くする...というだけなので辛口好みの私にはやはり向かないことと思います...。

ちなみに飲むときは食べる派です。

ハ!そんなこんなでもう時間です。
それでは皆さん、また会う日まで!
[PR]
by takakozuno | 2005-12-20 19:04 | 寝室/Dialy
18日の夕方6時窯出しを終え、3人で交代運転しながら翌昼2時にペンシルバニアの陶芸家ビーマー氏の家に到着。久々の再会に思わず笑。インタビューを撮りまたまた夕方6時にペンシルバニアを出発、午前2時にモントリオールに無事到着。

疲れたのでひとまず寝ます。明日1日は旅行後の片しと機材の確認返却、明後日の帰郷の準備と忙しくなりそうです。
[PR]
by takakozuno | 2005-12-20 04:17 | 仕事部屋/Working Room

いよいよ明日!

窯止して窯が冷めるのを待つこと6日間...いよいよ明日窯出しです!
実は今回私たちも隙間をみて陶器を作成!G監督は手捻りのお茶碗と花入れ2つ、私はぐいのみセットとソープディッシュ、アクセサリーツリーと合計4つも隙をみて作ったのです!(私も実は手捻りの作品に挑戦したんですが...時間かけたにも関わらず最後の最後で失敗したので即やめました。陶芸家への道はほど遠い!)

もちろん、真剣に窯焚きに取り組んでいる陶芸家リー氏、ジョー氏にはなんだか申し訳ないのですが、私にとっては、これって子供の頃の粘土で遊んだ、あの感覚。超楽しみなのです!!

写真は隙をみて作品を作っているG監督と私...(リー氏撮影)。というのも、窯焚きで使う陶器を支えるスタンド合計300個の作成も、お手伝いしてたのです。でも、コンピューターと向き合うのと違って、土と触れ合うのはかんなり癒されます。

e0087566_121633.jpg

[PR]
by takakozuno | 2005-12-17 01:25 | 仕事部屋/Working Room

たかこカムバック

アーカンサスで生き残っております!!
最低30年前のアメリカがそのまま残ってるような街Mountain Viewで今日やっとワイヤレスネットワークをゲットーーー!
インターネットから遠ざかったのもここ4,5年初めてです...10日の午前4時にアーカンサスの陶芸家ジョー・ブルーヒムさんの穴窯での窯焚きを終えました!!!!!

今回はなんと、人手不足で急遽ガニオン監督も8時間のシフトで10日間、陶芸家リー氏とジョー氏とともに窯焚きに参加しました。

その間ジョー氏の工房で編集室をセットアップして時間があれば撮影したテープの取り込み、昼になれば昼食を用意し何かアクションがあれば右手にカメラ左手にブームマイクで撮影し夜は、窯焚きメンバーの夕飯係と、一人3役以上こなしておりました!!エライ!

怒濤の日々も昨日終わり、今日はワイヤレスインターネットも使える場所がわかり、、、やっと一息という感じです...。

また落ち着いて詳細をお伝えしますが...なんだか、とても充実した疲れです。
e0087566_355826.jpg

穴窯での窯焚きのファイナル木ぶたの合間をぬって勇士三人のショット!一人8時間を分担し、24時間ぶっ続けで薪を10日間の作業が今まさに最後の山場!バックに見える煙突からの炎も最高潮に。
e0087566_352712.jpg

窯止め後、私も勇士とともに!10日間当初予定に無かった慣れない食事係を任されて...。しかも普段頼りにしているインターネットも使えない上、リー氏とジョー氏はベジタリアンとあって、この10日間の食事係はかんなり大変でした。(それを文句なしに平らげてくれた皆にも感謝だ!)でも、頑張ったよ〜!
[PR]
by takakozuno | 2005-12-12 01:48 | 仕事部屋/Working Room

帰ってきた...。

えー。帰ってきました!
ということでどしどしUPしました!
お楽しみ下さいませー。
NB窯焚撮影1
NB窯焚撮影2
NB窯焚撮影3-4
NB窯焚撮影終了〜!

どこから?という声が聞こえてきそうなのですが、4.5日の撮影旅行から!場所はニューブロンズウィック州に住む陶芸家Lee君のとこでした。映画KAMATAKI撮影前から撮り溜めていたドキュメンタリーの素材集めです。 なんと1日目以外全て雨天という最高のコンディション(しかも屋根らしきものがない山奥)で、泥まみれになりながらも、何とか無事いい絵を撮ってきて、ただいま事務所で機材を綺麗にしたとこです。

写真も結構撮ったんですが疲れたのでご飯食べて今日は寝ます...。
[PR]
by takakozuno | 2005-10-25 16:43 | 寝室/Dialy

NB窯焚撮影3-4

NB3日目撮影2日目。曇り時々雨その後土砂降り。この日はブルーシートでテントを張って(正確には張ってもらった←ダメアシ)、機材キャンプを確保、ついでにそこに椅子をおいて窯をバックにリー氏の友人達とのインタビューを撮影。その後窯焚きショット、雨カットを撮影して、その日は泥だらけになり、写真をとるどころじゃなかったです、ハイ。
e0087566_12305394.jpg
NB4日目、撮影3日目はリー氏のダディをインタビュー。父上はNB一番の木こりさん。木こりさんと聞くとカールのおじさんのおっとりした感じを思い出すけれども、上等の木こりはまさしく「木」のスペシャリスト。木の話しになるとやめられない、とまらない(←それはかっぱえびせん)。専門学校で木の種類、木についてだけでなく植物、自然についてのあらゆることを学び、無理な伐採を未然に防ぐため、またいい木を育てる為の余分な木の処理など、あらゆる知識が必要とされる、かなりの知識と経験が必要なプロフェッショナルな仕事なんだ、ということがわかり、感無量。
e0087566_123730100.jpgリーの作品をみてどう思うか?というGagnon監督の質問に照れながら、「僕はアートがわかる人間じゃないから...。」との答えていたお父さん。でも、リーの窯場にはお父さんの切ったたくさんの木と、お父さんのお手製の、素人でもテクニックいらずで木を均一に割ることができる自動薪割り機がある。親の愛は大っきいね。
[PR]
by takakozuno | 2005-10-23 12:17 | 仕事部屋/Working Room