沖縄娘たかこの日記


by takakozuno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:KAMATAKI-窯焚-( 15 )

さてさて、モントリオールは春はどっかに飛んでったみたいで、いきなり25度の夏日ですが嬉しいニュースが届きました!

クロード・ガニオン監督最新作「KAMATAKI窯焚」大阪上映決定!!!


第29回モントリオール世界映画祭史上初の5冠達成
第56回ベルリン国際映画祭キンダー部門審査員特別賞
出演:マット・スマイリー 藤竜也 吉行和子

かねて皆さんの大きなご協力とご支援を頂いて参りました「KAMATAKI窯焚」も東京でのロードショウで大好評を得、今回上記により大阪で上映される事になりました。

そしてクロード・ガニオンの処女作である「Keiko」もDVD発売を記念して30年ぶりに上映されます。是非ご覧いただきご批評いただくとともに、一層のご指導を賜りますようお願いいたします。

プロデューサー: ユリ ヨシムラ ガニオン


ということで、ガニオン監督の幻の処女作『Keiko』と、3年以上の歳月をかけてできたドキュメンタリー『The Fire Artist-炎の声-』の公開も決定しました〜パチパチパチ!!

『Keiko』とは...1979年公開、クロード・ガニオン監督の処女作品です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Keiko_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29

京都在住のOLを主人公に、等身大の日本女性の等身大の恋愛、性のうつろいを描いた話題作。日本映画監督協会史上、初めて外国人に新人監督賞が送られました。当時「覗き見されているよう!」と評されるほど普通のOLの人生と性の迷いを切りぬき京都弁を交えたナチュラルな演出が話題になり、かの山口百恵と三浦友和も演技の参考として観なさいといわれたというエピソードもあるという伝説の作品です。今回の上映「Keiko」のDVD発売を記念したもの。35ミリをデジタライズしてきれいにしたもので、ガニオン監督いわく「当時上映した時より美しい!!(笑」。ちなみに本作はガニオン監督のパートナー、ユリ・プロデューサーにとっても記念すべき劇場映画製作の第一歩となった作品です。

『The Fire Artist-炎の声-』とは
信楽在住の陶芸家・神崎紫峰先生の半生を追ったドキュメンタリー。法曹界の道を捨て親に勘当されながらも、巨匠に弟子入りすることもせず、自分一人で陶芸の道に進むことを決めた神崎先生の、伝統にとらわれない姿勢、熱く厳しくそして優しく何より「広い!」人間性に注目したドキュメンタリーです。神崎先生に魅せられたドイツ、アメリカ、カナダ人陶芸家達との関係、そのお弟子さん、心の師匠との対話、支えて来た家族と地域の人々にインタビューを行い、日本・アメリカ・カナダの三か国で撮影、トコトン迄その魅力に迫りました。さらに釉薬を使わず、自然釉だけで創り出された、"名陶"の美しさも満載、その "心と作品"を堪能できます。(ちなみに私は、撮影・編集もろもろ担当しました!)

映画『KAMATAKI-窯焚-』の詳細は公式ホームページからどうぞ。
http://www.kamatakimovie.com/jp/site.html


上映館の詳細は以下となります!

大阪九条シネ・ヌーボー
http://www.cinenouveau.com/index2.html

大阪・九条(地下鉄中央線「九条」駅 徒歩3分)※大阪ドームまで15分
大阪市西区九条1-20-24 TEL 06-6582-1416
KAMATAKI
5月3日(土)〜16日(金)
13:50~ 16:00~ 18:00~

Keiko
6月14日(土)〜27日(金)
一周目 11:50~
二週目 11:50~ 15:40~

ドキュメンタリー「炎の声」
6月14日〜27日
毎日 10:40〜

さらに、関東在住の皆様にも朗報!
横浜での公開も決定しております!


横浜"ジャック&ベッティー"
http://www.jackandbetty.net/

『KAMATAKI』『Keiko』の両作品が2008年5月31日〜6月6日まで上映されます。

※なお、スケジュールは、各上映館で確認することをお勧めします。

さらに!!映画『KAMATAKI』の上映に先駆けてテレビ朝日で今月の神崎先生の窯焚きの様子が取材され、 5月2日 6時17分から朝日放送、保坂キャスターの「Newsゆう」で紹介されます!!大阪、京都、滋賀、三重、兵庫、奈良、関西エリアは全てカバーしている人気番組とのこと、ぜひご覧になって下さい!!
[PR]
by takakozuno | 2008-04-19 23:02 | KAMATAKI-窯焚-
2008年2月23日より、新宿バルト9http://wald9.com/index.htmlにて公開中!

産経新聞の一面に、ガニオン監督のインタビューが掲載されました。是非ご覧下さい。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080222/tnr0802220813010-n1.htm
[PR]
by takakozuno | 2008-02-22 21:54 | KAMATAKI-窯焚-
心待ちにされてる方も多いと思いますので、ご報告を。
映画『KAMATAKI-窯焚-』が、新宿バルトナインという劇場で、2月23日より、公開されます!!!パチパチ〜!!

バルトナインという劇場http://wald9.com/index.html)は、新宿三丁目イーストビル9~14階にある劇場なんですが...皆さん、

というのも!!!売店で売られてる食べ物が、豆腐のソフトクリームや枝豆ナゲット全てがおいしそう〜〜〜(苦笑!!

『映画館=コーラとポップコーンと、(原価が見え見えな)ホットドック』という常識を打ち破り、とてもヘルシーかつオイシーおつまみがゲットできます。しかも、新宿の街並を一望する、見晴らしは最高!!私なんか田舎者なので、東京タワーで写真撮る感覚ぐらいで、写真撮りまくりましたよ(苦笑。
そしてすごいと思ったのが、なんと全劇場にマイナスイオンが行き渡る様にしてあるそうです。癒し系が注目されている中、こんなにも癒し系な劇場があったでしょうか?
とにかくこのようなという素晴らしい劇場で公開できることをとても嬉しく思っております。観て後にすぐに忘れるのではなく、じっくりと、心に染み入る、きっと何度観ても発見がある作品だと思います。ぜひ皆様劇場に足を運んで下さいませ!映画

KAMATAKIのウェブサイトはこちらからどうぞ。http://www.kamatakimovie.com/jp/site.html
[PR]
by takakozuno | 2008-02-09 23:33 | KAMATAKI-窯焚-
2005年度モントリオール世界映画祭で5部門受賞、2006年ベルリン映画祭キンダー部門特別表彰をいただき話題の映画『KAMATAKI-窯焚-』にて、劇中の穴窯での窯焚技術指導および全作品提供をしていただいた神崎紫峰(かんざき・しほう)先生の個展が高崎高島屋にて下記日程で行われます。今展覧会では、全作品が映画『KAMATAKI-窯焚-』で使用させていただいた作品、また映画の中で実際に行った窯焚で焼かれた作品が展示される模様。

また、会期中は、映画の中でお茶のご指導と生け花のご指導をいただきました無径会の皆様のご協力を得て、神崎先生の作品を使用してのお茶会なども行われる予定です。激しい炎をくぐった、自然釉の味わいを、観て、触って、感じて、味わう!? ことの出来る、またとない機会でございます。皆様のご来場をお待ちしております。
e0087566_11502250.jpg
信楽幻窯 神 崎 紫 峰 展
会期 10月18日(水)〜24日(火)
平日午後7時まで開催
※ただし土・日・祝は午後7時30分
(最終日は午後2時閉場)

会場 高崎高島屋
5階アートギャラリー
〒370-8565 高崎市旭町45 
℡(027)327-1111
[PR]
by takakozuno | 2006-10-17 11:52 | KAMATAKI-窯焚-
10月17日、東京。

残念ながら私は日本におりませんが...。
皆様に非常に会いたい...。

たゆまず、心をそこに飛ばす練習をしておきますので、
記念写真に私が映っても、驚かず「あ、きてるね、」「きてるネ!」と流して下さいネ。

私の分まで、皆様、どうぞ映画を思う存分、感じて下さい!!!

また...
[PR]
by takakozuno | 2006-10-05 21:00 | KAMATAKI-窯焚-
さてさて!耳より特報が続いているたかこの家ですが!!これまた大・大・大特報がございます!

それは...実は甲賀市ロータリークラブ様の懇意により、ロータリークラブ45周年記念イベントと合わせて映画『KAMATAKI-窯焚-』の試写会が4月25日に滋賀県の水口にて行われるのでございます。
e0087566_15313148.jpg
(ただ〜〜し...!!このblogで多々紹介しているため、多く興味を持っていただいている一般の皆様、今回は関係者の皆様のみの上映となっております。ご了承下さいませ。m(_ _)m)
関係者の皆様、お忙しいことと存じますがぜひぜひ上映会場で再会できることを願っております!また関係者以外の皆様...、一般公開が決まり次第お知らせいたします!どうぞ楽しみにお待ち下さい。
ただ今ZUNOでは映画『KAMATAKI-窯焚-』でロケ地提供、穴窯での技術提供もろもろをしていただいた陶芸家神崎紫峰先生のドキュメンタリーを製作中、完成へむけて残る撮影を信楽で行うためいい仕事ができるよう調整中です!
Glaude監督も皆様との再会を楽しみにしているのですが、18日からトロントのリールワールドフィルムフェスバルにて『KAMATAKI-窯焚-』旋風を起こすべく出張し、到着は上映会当日になりそうです...会場到着に間に合うか否かは...運を天にまかせましょう!

また、なんとただ今現在進行形で神崎先生は窯焚きをされているのです!!詳しくは神崎先生の窯焚の様子が詳しく写真とともに綴られているこちらをご覧下さい。

P.S
この場をおかりして、この上映会の実現のため奔走していただいた甲賀市ロータリークラブの関係者様、窯焚きの準備の傍ら、チケット製作や招待状の配布などをしていただいた神崎紫峰先生及び関係者様、上映会場の調整、プリントの準備、日本語字幕の準備など、もろもろをこの短期間で、不可能を可能にしていただいた皆様に、作品に関わったいちスタッフとして最上級の敬意とお礼を申し上げます。
P.P.S
さらに!!ご存知の通りオーガナイズ下手でおっちょこちょいの私で申し訳ないのですが、近日も関係者リストに見落としを発見したり、と冷や汗をかいております。また以前の住所やメールアドレスが変わったなどで届いていない方、私個人としてでもアドヴァイスいただいたり、ことの大小に関わらずお世話になった方で、まだ招待状が届いていらっしゃらない方「え〜、私は?」と心中少しでも思われた方(冗談抜きで!)がおられましたらお手数ですが大至急鍵コメにてご連絡下さませ!
[PR]
by takakozuno | 2006-04-17 00:04 | KAMATAKI-窯焚-

KAMATAKIヒット?

3月3日から公開された「KAMATAKI窯焚」ヒットしてます!

モントリオールではカルチエラタンでフランス語バージョン、AMCで英語バージョン,ボービアンでは仏語サブタイトルで公開されました。金曜日に吹雪、日曜日はオスカー授賞式とマイナス要素が重なったにも関わらず、好調な出だし。カルチエラタンでは、17スクリーンのうちのトップ興行,土曜日からは大きめの劇場にムーブオーバーしました。最後に拍手が起こった回もあったそうです。ZUNO スタッフはどっと疲れが出ていますが心地良い疲れです。ダウンタウンに写真を撮りにいかなくては...!と思っておりますが、とりいそぎ、お知らせまで!

やま茶さんの個展がいよいよ明日オープニング!と迫ってきましたね〜!!
絶対行こーと思ってます。ガンバレ!やま茶さん、追い込みだー!!楽しみですね!皆さんは、彼女の個展に出品される、例のアレ、しました?我が家で焼いた例のブツがどう展示されるのか...興味津々ですっ!
[PR]
by takakozuno | 2006-03-09 21:39 | KAMATAKI-窯焚-

KAMATAKIのこと...

緊急・注目
KAMATAKIの公開情報が混乱しているようなので以下に整理します。

Quatier Latin
French Version-フランス語吹き替えバージョン

Beaubien
Original English Version with French Subtitles-オリジナル英語・フランス語サブタイトルバージョン

AMC Forum
Original English Version-オリジナル(英語)バージョン

Saite-Foy
French Version-フランス語吹き替えバージョン

Rock Rorest
-Original English Version,With French Subtitles-オリジナル英語・フランス語サブタイトルバージョン

ケベックシティSaite-Foyでもフランス語吹き替えバージョンとなります。ご注意下さい。
※一部上映館のWebsiteでも、間違った情報があります。ご注意下さい。

いつも限りなくお世話になっているHawaiさんのブログでKAMATAKIが紹介されました。私がこの作品に関して感じていたこと全てがここに書かれているというほど、映画KAMATAKIを理解されており、良く伝えらえれていて、さすが...と感服です。日本語ですので、どうぞ皆様、ご覧になって下さい。

また、本日以降、劇場に足を運ぶご予定の方、要注意!Quartier Latinでの上映はフランス語吹き替えバージョンになっております。どうぞお間違いのないよう、よろしくお願いいたします。!m( _ _ )m。

P.S
琢磨役の声優さんの声が、G監督も耳を疑ったほど藤竜也さんご本人にそっくりの方にしていただいてるようで、それに興味があって、フランス語が流暢に使え、KAMATAKIを2回以上観ている方にはオススメですが...、ということでhawaiさん?(笑←冗談です)
[PR]
by takakozuno | 2006-03-03 14:22 | KAMATAKI-窯焚-

KAMATAKIプレミアご報告

Hawaiさん、一足先のご報告ありがとうございます。さすが、敏腕ライターさんです、見習わねばと思いました(焦)。昨日は久々に、プレミアを前にしての緊張と打ち上げのビールが美味しすぎて(笑)50枚の写真を撮ったのに、午前12時ぐらいに家につくとバタンキュウで寝てしまいました(泣。すでにHawaiさんのblogでかなーり詳しくかかれているので、写真を中心にお知らせします!まずは、プレミア30分前。もうすでにお客様も列をなすなか、大手放送局ラジオカナダや、他局のクルーがマイクをもってカメラチェック、マイクチェック!スポンサーのラジオステーションのカワイイ面々も一同揃って招待客をお出迎え〜☆
e0087566_6253653.jpg

関係者一同ソワソワしていたとこへ、マット君登場!そうするとメディアの皆様が一同に動き出し、次々とインタビューが始まりました。そこへ、音楽担当のJoraneが到着!ヨーロッパで、カナダ、アメリカでブレイク中の彼女とあって会場がかなり賑やかになりました。もちろん、ガニオン監督にも注目が集まりましたよ!
e0087566_6262617.jpg

さらに〜〜、そこへケベック・ヨーロッパで知らない人はいないだろうというロックスター、ロベール・シャルルボアが到着!(Hawaiさんのシャルルボア=五木ひろし論訂正〜〜!確かに知名度は日本でいう五木ひろしですが、音楽ジャンル的にはフランス語界のミック・ジャガーというべき存在です)ということで待ってましたとばかりにカメラ☆カメラ☆カメラの嵐で、4人とも色んなポーズをさせらていました(写真は、中腰編です!笑)。
e0087566_6275145.jpg

カメラ小僧たちが落ち着いたら、ゆっくりと再会に喜び合う4人、そしてプレミアスタートです。まずは上映前のガニオン監督の挨拶...そして、プレス担当のブリジットからも挨拶があり...(ケベックは日本と同じく、自殺が深刻な社会問題になってい背景があり...)KAMATAKIが多くの人の精神的な助けになればいいとスピーチがありました。
e0087566_6283713.jpg

久々に大きな画面で見るKAMATAKI。やっぱり、いい映画だ...と思いました。上映終了後は、拍手がしばらく鳴り止みませんでした...。さらに上映終了後はガニオン監督が関係者を全員壇上に呼び、紹介したのでした...。写真がないのは、そう、何を隠そう私も呼ばれていたからです(突然の出来事にびっくりしてつい撮影し忘れました)!!Joraneも大きな画面、大音響で観るKAMATAKIに感激しており、シャルルボアも大変気に入ったご様子。ということで、プレミアも大成功に終わりました。この波に乗っていよいよあさって3月3日一般公開です!
[PR]
by takakozuno | 2006-03-02 23:19 | KAMATAKI-窯焚-

イベント報告&新聞一面

お待たせしました〜!3月3日の公開に向けて盛り上がっています。25日に行われたイベントの報告の前に...,まずは、イベントその日の朝に嬉しい驚きが!
e0087566_12152628.jpg

みてください、ケベック一の発行部数を誇るラ・プレス紙の映画欄の一面を飾ったKAMATAKIの写真!ラ・プレス紙といえばケベックの朝日・読売ぐらい、ポピュラーな新聞。その紙面の一面を飾るということは、想像に難くないすごさです(笑!
e0087566_1216281.jpg

なんと、中ページも一面使用してのKAMATAKI特集が組まれました。となりのブロークバックマウンテンよりも大きく紙面を占領しております(笑。KAMATAKI専属カメラマン兼和尚さんである文空さん撮影の、神崎先生とガニオン監督の写真が大きく載っておりました。何がかかれてるのはフランス語なのでさっぱりなのですが(恥)、なんだかウルウルしてしまうぐらい、印象的な二人の背中...。文空さん、この場をかりて素敵な写真をありがとうございますっ!

さて、本題のイベント。このイベント、もともとはモントリオールの大手書店レノ・ブレイの関係者がKAMATAKIを試写、大変気に入ったことからぜひ宣伝イベントを、ということで企画されたものなのです。会場は広い本屋さんのド真ん中に設置され、本を買いに来たお客さんも、立ち止まって聞き入る姿がチラホラみられました。なかなかのグッドアイデアです。
e0087566_12324411.jpg

我らがKAMATAKI組のマット君とガニオン監督とともに、日本についてのエッセイを出版した著名なエッセイスト、カトリーヌ・バーグマンさんも壇上に。日本について、KAMATAKIについて、ときにジョークで会場が涌くこともしばしばで、一人、また一人と観客が増え、最後にはほぼ埋め尽くほどに。
e0087566_12341720.jpg

質疑応答では熱心に質問するお客さんの姿もみられました。そしてイベント最後に行われたKAMATAKIプレミア招待券やカトリーヌさんの本があたるクイズでは、今まで聞く一方だったお客さんの血相がかわり(笑、次々と手が挙がり、あっというまに品切れ状態に。1時間半とたっぷりあったトークショーも、終わってみれば予定時間をオーバーしており、大盛況だった!といえるでしょう!!カトリーヌさんとの2ショットも撮りました!彼女ももちろんKAMATAKIを観ており、大変お気に入りだったようです。「安易な方法で作られていない、素晴らしい映画」との太鼓判をいただきました!
[PR]
by takakozuno | 2006-02-25 21:07 | KAMATAKI-窯焚-